働きたくなるオフィスへ!オフィスリフォームの効果と業者の選びかた

目的別に業者を選ぶ?リフォーム費用を抑える工夫とは

リフォームのための業者選び

社風を取り入れたデザイン性の高いオフィスを希望するなら、デザイン専門の業者かデザインと内装工事が一カ所で行える業者を選びましょう。
家を建てるときと同様にオフィスデザイン料が発生しますので、費用にも余裕をもたせたほうが良さそうです。
工期のことを考えるなら、デザインから内装工事を一カ所で頼むと調整は業者でしてもらえるので短期間で済ませることができます。
オフィスの移転が決まっているところは、引っ越しの段取りまでまとめてしてもらえる業者を探してみましょう。
大手住宅会社に多いパターンですがデザイナーや内装工事を外注しているところは、変更したくてもすぐに話が通じず時間がかかることが多く、その点自社にデザイナーが常勤していれば連絡を取ることが容易で意思疎通もしやすいようです。
工期も規模により数日から一ヶ月ほどかかるものまで様々、比較サイトなどで複数の業者から選ぶようにしましょう。

費用をかけずにリフォームするには?

大規模なリフォームはどうしても費用がかかります。
全てを業者任せにすると理想には近づくと思いますが、デスクや椅子などにもこだわるため驚く金額になってしまいます。
費用を安くするには給湯などの設備を自販機に変更したり、デスクや椅子は自分で気に入ったものを調達する、内装の材料を変えて見るなどで抑えることができます。
全体のリフォームが無理でも雰囲気だけ変えたいときは、パネルカーペットがお勧めです。
大型商業施設などに敷いてあるパネルカーペットは汚れたらその部分だけを入れ替えて常にきれいな状態を保てる優れものですが、無機質で色の変化のないオフィスに色のパターンを加えるだけで華やかになります。
手ごろな金額で簡単にリフォームできオリジナルでいくつもパターンが楽しめるので、リフォームをしようか悩んでいる人にとっても気軽にお試しができるのではないかと思います。


▲ TOPへ戻る