働きたくなるオフィスへ!オフィスリフォームの効果と業者の選びかた

環境と機能性が両立したオフィスづくり

オフィスも多様化テーマを考えてみる

オフィスと言えばこれまでは生産性や効率をあげるため、シンプルな内装が中心でした。
今は社員が働きやすい環境を重視する企業が増え、内装もこだわったものになっています。
緑に囲まれたオフィスは無機質な部屋に自然を取り入れることでリラックス効果が期待できミーティングや社員のリフレッシュ空間として、また会社のイメージアップにも貢献しています。
パソコンに向き合うことが多くオフィスワーク中心となれば、気分転換になるようなカフェスタイルのオフィスや、部署同士のコミュニケーションが取りやすいように配慮された公園をコンセプトにしたものなどオフィスとしての機能をさらに向上させる内装が増えています。
机や椅子の一つにも見た目のこだわりと機能性をもたせたものが選ばれるようになりました。
現代のオフィスは会社のシンボルとしての意味合いも強く個性を活かしたつくりになっています。

過ごしやすさと使いやすさの工夫

常にリフレッシュできるような環境をということで、フリーアドレス式レイアウトの採用が増えています。
特定の場所にデスクを置かず、好きな場所で仕事ができるスタイルです。
社員には特長を理解したうえで積極性が求められるため、決まった場所じゃないと落ち着かないという人には向かないかもしれませんが他の部署の人と話がしやすい、コストがかからないといったメリットが大きく採用されています。
オフィスに欠かせないのがパソコンなどの機器ですがデスク周りがケーブルだらけにならないように考えられたフリーアクセスフロアがあります。
床下に空間を設けケーブル配線をするもので、デスク上で充分な電源が確保できるようになっています。
フリーアドレス式レイアウトやフリーアクセスフロアでは無線LANや個人の荷物を収納するスペースなどの設備を整える必要がありますが、人数に合わせたスペースの調整がしやすいので効率良く作業が進められます。


▲ TOPへ戻る