働きたくなるオフィスへ!オフィスリフォームの効果と業者の選びかた

何をどうしたい?オフィスリフォームをするときのポイント

魅力的なオフィスのために目的を決めよう

有名どころの企業のオフィスを見ると社風を前面に出した遊び心のある、見ているだけでも楽しくなりそうなオフィスが存在しています。
作業の効率を上げるためのワークスペースだけではなく、リフレッシュコーナーや給湯設備、喫煙コーナーなどの設置も大切です。
社員の動線に加えて来客があったときのミーティングルームへの誘導のしやすさなど、共有エリアと社員のみのエリアのバランスの良い配置を広さに合わせてプランニングします。
ここで一緒に考えていきたいのが、オフィスリフォームの具体的な目的です。
人員を増やしスペース拡大のためのものなのか、人材の育成や定着のための環境づくりなのか、無駄なスペースを減らし生産性を上げ全体を見直すためのものなのか、理由はさまざまだと思いますが具体的にどの方向へもって行きたいのかをはっきりさせておく必要があります。

どの程度のリフォームか希望を出そう

リフォームの目的が決まったら規模を考えましょう。
オフィスをまるごとリフォームしたいのか、一部だけにするのか、大がかりになれば当然費用がかかりますし工事期間も長くなってきます。
気に入ったオフィスデザインがあれば、写真や画像を保存しておいてリフォーム業者へ資料として渡すと言葉にするよりイメージが伝わり提案がスムーズに、見積もりも出しやすいようです。
職種によってオフィスのレイアウトや雰囲気が変わりますので、迷っていることや希望があれば専門家へ相談し快適なオフィスプランに仕上げていきましょう。
家具やデスク、内装の材料も目的に合わせて選ぶことで費用を抑えることができます。
あまり費用がなくても工夫次第でリフォームすることは可能です。
業者に任せたままにせず、希望を出していくようにしましょう。


▲ TOPへ戻る