オフィスリフォームの手順

働きたくなるオフィスへ!オフィスリフォームの効果と業者の選びかた

何をどうしたい?オフィスリフォームをするときのポイント

会社の印象はオフィスから、色のないオフィスがリフォームで活気のあるオフィスへと生まれ変わります。 全体をリフォームするならその目的と希望を伝えることがポイントのようです。 生産性や機能性といった目的、社員のための動線の確保やリフレッシュスペース、喫煙コーナーなど欲しい設備の希望を伝えましょう。

環境と機能性が両立したオフィスづくり

職業に注目したオフィスづくりでは、社員と来訪者がお互いリラックスして話せるオープンな環境や、個人の能力を最大限に引き出せるクリエイター向きのデスク配置、パソコンなどの機器がスマートに設置できる機能性をもたせたオフィスが増えています。 環境と機能性のバランスを考えたオフィスリフォームが注目されています。

目的と希望で決まる環境と機能で魅力あるオフィスへ

オフィスの雰囲気を変えてみたい、内装工事を頼みたいけどどこまでできるのかを知りたい方へ。
オフィスの現状を知り理想のオフィスへするためには、どんなスペースが必要かを考えることから始まります。
オフィスを大きく4つのゾーンに分けてみましょう。
1つめは来客のときに使うエリア、受付や待ち合いスペースなどがあります。
オフィスへ一歩踏み入れたときの第一印象にもなる会社の顔の部分です。
2つめはミーティングスペースなど社員と訪問者が出入りする共有エリアです。
落ち着いた雰囲気だと話も進みそうです。
3つめは会議室や執務室のように社員だけが使うエリアです。
使いやすい会議室で作業効率をアップさせます。
4つめは会社の重要な情報を扱い管理するエリア、社長室などがあります。
必要だと思われる4つのゾーンを単純に配置するのではなくて、社員の動線とコミュニケーションが取りやすいお部屋の配置を考えていきます。
オフィスは広すぎても狭すぎても効率良くならないのだそうです。
社員数に対しての最低限必要な広さを確保すること、部署の特色に合わせたデスクや機器等の配置は作業効率を上げることにもなります。
また最近増えている地震など災害時のときに避難ルートが確保できるような配置も考慮したいところです。
先に書いた4つのゾーンを踏まえながら、理想のオフィスに近づけるようにリフォーム計画を立てていきます。
何をどうしたいか?を確かなものにするために、現在のマイナスになっている部分の洗い出しが必要になるときもあると思います。
オフィスリフォームの際には比較サイトなどを利用し複数の専門業者へ相談、見積もりを取るようにしましょう。
リフォーム専門業者の実績の中から希望のものに近い一例を提案してもらうと費用などがより明確になるはずです。
専門家に足りない部分を見てもらい具体的な改善策を盛り込んでリフォームすることが大切なのです。

おすすめリンク

目的別に業者を選ぶ?リフォーム費用を抑える工夫とは

機能性を高めるためのリフォームなのか、デザイン性を重視したリフォームか、両方を取り入れたものかで業者選びが変わります。 限られた費用の中で快適なオフィスにするためには業者選びと内装の材料やデスクや椅子などの家具選びで差が出るようです。 任せたままにせず上手にオフィスリフォームを行いましょう。

▲ TOPへ戻る